pagetop

 
熊の湯横手山

2021.12.28-30.  長野・志賀高原 
新着・更新 掲示板 BAYAオフィシャルチャンネル お問い合わせフォーム
滋賀県スキー連盟情報 全日本スキー連盟HPへ オガサカFan
133855
                    


予報  県内  307 

 天気予報は 雪マークが一杯です。

12月28日朝7時前、ショウ君と出発する。国道8号は、昨日の大雪で混んでいるだろうと・・・

国道307号で、湖東三山スマートICを横目に通過し、関ヶ原ICに向かう。途中の道の両側は腰まである雪。


1h40'  2h17'  彦根IC

307号は、除雪した雪が両側に溜り その上に道幅が狭く、大型車が行き違い出来ない。

メーターは、37分間で300mしか進まないと表示。 4時間余り、渋滞に巻き込まれた。 フッ~

(つい)には、停車状態になる。思いっきって ハンドル切替を5回ほど繰り返し U ターン

正午過ぎ、彦根ICへ。 自宅から 5時間の停滞でした。人生初かな

普段(どおり)りだったら 30分で彦根ICに行ける。


 
小牧JCT 飯田

鹿島槍ヶ岳  安曇野  更埴JCT

名神高速は、昨夜から八日市IC関ヶ原IC間は、閉鎖されていたが、

307号線の渋滞に巻き込まれている間に開通。

きれいに除雪された高速道路を、順調よく走る。

予定では、12/28 午後から滑る予定だったが、10時間のドライブになったから熊の湯夕方5時着。


     大雪後 12/28 熊の湯HP




熊さん前 第一ゲレンデ 

12/29 ピーカンの熊の湯です。マスク姿の熊さん前でパチリ。

ショウ君は Ogasaka TC-ST New SKI &New Wearです。やる気スイッチ入ってます。

第一ペアリフトに乗り、そこから、第3クワッドリフトに移動。空模様が変わらない内に、

午前中に横手・渋峠へ。

 

スキー実習 第2リフト 眼下 

熊の湯第3クワッドリフトを下り、横手山へと続く林間コースを15分あまり滑り降りる。

横手山 ホテル ラ・フォーレ志賀 前では、スキー実習の生徒達が集合していた。

SAJ 佐藤 国男分校  がレッスン中 『 懐かしい光景です!』 

朝日を浴び、横手第2リフトに乗る。途中 右下に笠ヶ岳、熊の湯スキー場が見える。

横手山第4ペアリフトコースが海和ゲレンデ になっていた。何時(いつ)


北方向 

ショウ  maeda  第三リフト

横手山第2トリプルリフト下り場で、北アルプス、飯綱山、妙高山、夜間瀬などの綺麗な山並みを満喫。

2000mからの、眺めは 最高です。スキーが出来るから眺められる厳冬期の景色です。登山家以外では。 

横手山第3リフト乗り場で、『やッー お久しぶり!』 って

熊の湯で知りあいのリフト係の人に、2年ぶりに出会った。


 アンテナ ドッグ
拡大  拡大  拡大 
 

横手山頂上(2307m)の 『満天ビューテラス』 でツーショット。 

山頂にあるアンテナ塔にて、雪落とし・・・怖いなぁ!!!

犬を(ふところ)に抱いていたスキーヤーを発見 2匹! 珍しいので撮らせていただきました。

浅間山は、白煙は上げていません。富士山がぼんやり撮れた。見えるかなぁ~。


masawo syo 

日本最高位置にあるスキー場 渋峠を、気持ちよく滑る。

濃い青色の空の下、キュキュットと鳴る雪質。 至福の時間です。 

スキーが好きで良かったです。わーい



ナイター ツーショット 食堂 

宿は、 にお世話になりました。

10年間、冬はここで過ごしました。

4階の部屋からは、ナイターゲレンデが眺められた。 

あったかいほたる温泉に浸かり、フレンチぽい夕食をいただく。 志賀高原ビールで乾杯。

ショウ君も、おいしいネ!と云ってます。

朝食はバイキングです。 両手にポリグローブをつけました。

 



朝一 竹節 帰途

 12/30朝 降雪はほとんどなく、ホットした。

一ノ瀬に移動。竹節 一夫校長がポールトレーニングを開催しているダイアモンドスキー場に行く。


『イヤーっ お久しぶり!』でハグです。

コロナ禍で昨年度は、一度も志賀高原に 上がらなかったから。

ゆかりさんも、お元気で、ポールに入ってました。

懐かしい人達に お出会いできた今回の信州でした。そして、大雪の。


   
    2021.12_志賀高原 

     一言でいいますと。。。楽しかったです、また節目のような良い機会をいただきました。 

     一連のエピソード&ハプニングを語ると、言い尽くせず、でして(笑) 

     初日、熊の湯からはじまり横手山、渋峠は、見事なぐらいのピーカン!キリっ!と

     張り詰めた空気となり、キュッ!と鳴く雪質も体感、ほんと胸踊らされました、最高でしたね。


 

     今回、前田会長にとっての熊の湯、志賀リバーサイドホテルの皆さんとの再会、

     特に御年(なんさい)女将(おかみ)さんや、元オリンピアン
( 山本さち子 )

     食事をご用意いただいた皆様からの歓迎をうけまして、


     ゲレンデにおいては、リフト係りの方々、またなにより竹節校長&奥さまから歓迎の一声!

     そして握手!(
ダイアモンドゲレンデ・ポールトレーニング中にもかかわらず) 

     これまでの会長のご功績(つめ(あと)?笑)と伺える、そのような懐かしくも微笑ましい必然に

     立ち会うことができ、来てよかったなぁと感じました。


 

     もちろんスキー技術のテーマや、自ら克服したい課題へも意識して取り組みました。

     その一つにストックワークです。

     ストックワークとは運動要素のなかで結果的に現れてくるものでしょう、

     ですがそのワークに随分悩まされています・・・チェックしていただきました。
 


     最初に戻りますが、今回をとおして志賀高原の魅力を実感する機会となりました。

     そう度々は行けませんが、またタイミングあえば、今度は大勢で満喫したいです。
 

     今回、急な誘いに乗っていただき、会長ありがとうございました。 

    ps; 

     大晦日、元旦と自宅で穏やかに過ごしております。 

     幸い多き春、‘22シーズンとなりますよう、新年お慶び申し上げます。 

 

             レポートは ショウです 2022.1.1.

枠
 

 

進
拡大 



雪 


    Copyright(C) BAYA Club All Rights Reserved.
サイトマップへ

 Top What's NewOgasakaBayaSASSAJ
                        サイトマップ